《教員労働問題》小学校の男性教諭が残業代の支払いを求め埼玉県を提訴した事件について「教育職員の給与等に関する特別措置法」は廃止するべき【2018年9月更新】

ニュースの概要

月平均でおよそ60時間前後の残業をしているにも関わらず、労働基準法が定める残業代が支払われていないとして、埼玉県内の公立小学校に勤務する59歳の男性教諭がおよそ240万円の残業代の支払いを求めて県を相手取り提訴した事件についてです。

県内の公立小学校に勤務する59歳の男性教諭は、学校行事の準備や生徒のノートの添削などで月平均およそ60時間の残業があったとして、時間外労働に対する未払い賃金として県に240万円あまりの支払いを求めています。

続きは

《教員労働問題》小学校の男性教諭が残業代の支払いを求め埼玉県を提訴した事件について「教育職員の給与等に関する特別措置法」は廃止するべき【2018年9月更新】