《婚活記録》7人目 こはるさん 仕事について触れられていない人は不人気職業【2018年9月更新】

経緯

コネクトシップで申し込まれた。

新宿駅の出口をピンポイントで指定し、コンタクトセンターで詳細な目印も伝え無事に合流成功。

駅近くのカフェでお茶して終了。




所感

入会して1年弱が経過している20代中盤の方でした。

積極的にガツガツ活動している訳ではなく、稀にログインしていい人居たら申し込んでみるような感じで活動しているとのこと。

プロフィール欄に「接客業」とだけあり、職務内容が分からなかったので聞いてみると、パチンコの店員だと判明。

公開年収や仕事の具体的な内容から、もしかしたらアルバイト疑惑が残りました。

 

趣味が共通しているため、話自体は成り立つものの、今までの人生を何となく過ごしていたこともあり、将来に対する考えがあまり無いようでした。

結婚したい最大の理由が「今の仕事が好きじゃないし、続けたくないから結婚して楽になりたい」と答えてしまい、こちらとしては、時短勤務でも就労意欲が0な人、

ましてや「結婚して楽になりたい」という価値観の人と交際してみたいな、とはとても思えませんでした。

一方で、頭の回転が早く、何事にもとてもハキハキ話す事ができてるな、という印象が有りました。

人見知りする方ではなく、会話もかなりテンポが良かったですが、特別プラスとなる印象が無かった事、将来については大きく不安が残ると感じたため、お見送りとさせていただきました。




その他感想

取り合えず登録している人は多いのだな、と改めて感じた。

プロフィールの写真もコーディネーターとの面談室でスマートフォンで適当に撮影したものだったので、「本気じゃないんだろうなぁ」とはうすうす感じていましたが、やっぱりそうでした。(笑)

外見はどちらかというとサバサバしている感じで、ショートカットで、好む人は好むんだろうなぁという印象。

プロフィールに書いてある職業が抽象的な場合は、ちょっと気をつけなければならないなぁと思いました。