《中途面接対策》リクルートや広告営業の中途採用面接で聞かれるポイントまとめ【2018年9月更新】

面接のポイント

・志望動機

・今回の転職理由

・目標

・一貫性はあるか

・意思があるか

・キャリアの志向性はどうか

・社風に合うかどうか

・自ら主体的に仕事を創り出すマインドを持っているかどうか

・企業理念、企業ビジョンを理解できているか

企業は、メンバー全員で同じ方向性に向かっていくことを大事にしています。

企業理念と企業ビジョンについて確認し、自分なりの意見で話せるように準備してください。




リクルート系

リクルートの面接では「なぜ」「具体的に」という言葉で自身の思考や価値観を深堀されます。

すべての成果・結果にはそれに基づく行動があります。その行動をとるに至るまでには、思考や計画があります。

【ポイント】

・成長したいという意思があるか

・経験を振り返り、次に活かすことができるか。

・こだわりをもって仕事に取り組んでいるか。

・どんなことが大変だったか、それをどうやって乗り切ってきたか。

・転職の目的にあなたの意思が現れているか、覚悟があるか。

・どういう思いでその業務に取り組んだのか、

・根っこにある想い

広告系

広告系は、リクルートやライフルのように、紙面や雑誌の広告枠を販売するケースや、

ヤフーやサイバーエージェントのように、広告ツールの提案営業をするケースもあります。

営業職は、とにかく営業スキルを問う質問が多いです。

再現性のあるエピソードを語れると良いです。

どういう人物を求めているのか、事前にリサーチし、接点をぶつけると良いでしょう。

反対質問では、会社説明会では聞けなかった内容を質問すると良いです。

担当者が自己紹介をしたら、なんでその会社を選んだか、その感じた会社の魅力を聞いてみると、

より会社が理解できると思います。




面接例

企業説明(30分) 数年の売上高、事業の内容、募集職種の説明

面接時間(約20分) 現場責任者 入社2年目男性

事業の内容

主な営業手法

決済者にどうやって会うか

年単位での目標の立て方

売上高や事業ごとの売り上げについて

今までの仕事で大切だったこと

同業他社との差別化はどういうポイントか

従業員をマネジメントすることで大切にしていたこと

どうして転職したいのか

どうして弊社を応募したのか

反対質問