《婚活》相手が結婚難民かどうか見分ける質問と、印象形成のポイントをズバリ教えます!【2018年9月更新】

はじめに

相手が「婚活難民」かどうか気になりませんか?

婚活難民というよりも、一緒にずっと過ごすパートナーとして面倒くさい人は誰だって避けたいはずです。

その面倒くさい人は、5つのポイントをおさえるだけで簡単に見分けることができます。

今回はそんな「面接術」をあなたにお伝えします。




ポイントは5つ!

ポイントは5つあります。

私はファーストコンタクト(1次面接)の段階で有る程度情報を揃えてしまい、印象を作ってしまいます。

婚活をするあたって、それなりに場数を踏んでいるので、それなりの自信が有りますが、本当にどうしても迷ったら「もう一度会う」ことにしています。

「あー、あの人もう一度会っておけば良かったな」よりも「あー、なんでこの人OK出しちゃったんだろう」といった後悔の方が若干多いです。

特に「過去の恋愛歴」については、かなりプライベートな内容なので、相手によっては1度目で聞けないことももちろんあります。

私は尋問にならないよう気をつけ、先に自己開示をしてしまってから相手のことを聞き出すよう工夫しています。




具体的な質問内容

初対面からここまで聞くのか!?!?と起こられてしまいそうですが、私は自分のことを開示することを大前提で、結構相手のことを深く聞き出してしまいます。

実際にそれで次のステップまで踏めている人も居るので、失敗したら補正して次に進みつつも、やはり相手を見る上で外せない質問なので、どうやったら聞き出せるかを常に考えています。

あくまでお付き合いをするかどうか判断するもので、ストレートに聞くというよりかは、やんわりと会話の流れで聞くようにしています。

もちろん自分自身も相手に試されている(会話や質問内容で判断されている)という意識を持ち続けることを忘れずに!

活動状況・活動歴

自分の活動歴を正直に明かした上で聞いてみると良いでしょう。

過少申告してくる可能性が高いので、婚活全般の話題を振ってみて、知識量で判断。




過去の恋愛歴(超重要)

過去の恋愛歴は超重要です。

本当に重要です。

かなり聞き出しにくいですが、ここが聞き出せれば、相手の本性を知れます。

上手に聞き出せれば互いに互いの事を知れて、盛り上がるポイントでもあるし、相手もこちらに興味が有れば知りたいはずです。

・今まで何人とつき合ったのか

・どれくらい続いてきたのか

・なんで別れたのか

・上手く行くために気をつけていたこと

・喧嘩した時や相手ともめたとき、うまくいかないときはどうしていたか

・仕事やその他の理由でストレスが貯まっているときはどうやって発散するか、溜め込まないか(解放性)

などを深堀して聞くと良いでしょう。

 

過去のつき合った人数は、年齢にもよりますが、20代であれば高校1年から数えて3~4人が標準的です。

今までに1年以上1人も続いていない人は要注意。

上手く行かない時期への耐性が、全くない場合が有ります。

 

短期で別れている場合は「異性を見る目が無い」のか「相手自身に問題有るケース」があります。

その場合、「振られるのか、振るのか」「その理由が何か」をしっかり洗っておかないと、同じ理由であなたがその人と破局する確率が高くなります。

「喧嘩した時や相手ともめたとき、うまくいかないときはどうしていたか」は、喧嘩した時に、向き合うか逃げる傾向かが分かります。

覚えていたら、相手が溜め込まない性格かを要チェック。

溜め込む人は、爆発するとリカバリーできないことが多く、いきなり「もうムリ!」と言われ連絡を遮断される可能性があります。




怪しいと思ったらとにかくなんで?と深堀る

過去の恋愛の事故歴が多い人程、経験人数は少なく話してくるはずです。

しかし、経験人数よりも大事なのは「行動の選択軸」です。

数字は嘘でごまかせても、その人の行動の選択した理由というのは、頭が良い人でも早々盛れるものではありません。

変な話人数にこだわらなくても、「なるほど、こういうとき、こういう事したんだ。そりゃ続かないわな」と有る程度分かるようになってきます。

恋愛がうまくいかない人程、自分本位・他責傾向です。

 

「過去の恋愛が続いておらずつき合った人数も多い」「自分本位で他責傾向」「上手く行かない時に、多少は相手に合わせようという気が無さそう」

とこれらの質問で判断できたら、自信を持ってお見送りしましょう。

問題無さそうだったら、価値観を探ってみる

色々と話してみて問題無さそうだったら、相手の価値観を探ってみましょう

・人生の節目の中でなぜその選択をしたのか

・どんな人が理想なのか

・今頑張っていること、努力していること

・将来どうなりたいのか

特に進学・就職等の人生のターニングポイントの選択軸や、将来どうなりたいか(WILL)の部分を聞いてみると良いでしょう。




関連リンク

《婚活・恋活》フェードアウトする異性の見分け方を教えます。【2018年9月更新】

《婚活》20代後半男性がFCをするかどうか(書類選考)を決めるポイントをズバリ教えます!【2018年9月更新】

《婚活》20代後半男性が(1次面接)で仮交際するかどうかを決める基準をズバリ教えます!【2018年9月更新】