《婚活》結婚相談所経由でゴールインするには何人と会えば良いか計算してみました【2018年9月更新】

はじめに

実際に婚活をしてみて、成婚までたどり着くには、何人に会えば良いか考えた事は有りますか。

正直な話、その人の市場価値や容姿・年齢等によって結果は異なりますが、適切な時期(年齢)に婚活を始めていれば、時間はかかっても成婚に結びつくのが一般的です。




一般的な指標

・28歳男女

・容姿 普通レベル(過去に数回恋人が居た事があり、1年程度継続したことがある)

・年収 350万円~400万円

・初婚

・タバコ吸わない

このレベルの人が実際に婚活をする場合、実際に下記に近い結果になると予想されます。

 

書類選考通過率:10%~20%

FC成功率:30%

本交際への移行:30~40%

100人に同時に申し込みすると?

この割合を元に100人に同時に申し込みするとしましょう。

 

「ファーストコンタクトしてもいいよ」、という人は100人中10人から20人です。

そのうち、「もう一度会っても良いよ」という人は3人から6人です。

さらに本交際するのはそこから1~2人です。

 

つまり、1人の人と本交際しようと思うと、一般レベルの人でも50人~100人への申し込みが必要です。

この人数に申し込もうとすると、1月に20人へ申し込んでも、半年近くかかる確率になります。

これより悪い条件でスタートする場合、婚活が年単位と長期化する可能性を覚悟しなければならないのが現実です。




入会バブルで失敗するとダラダラ続く

入会バブルは、30代前半であればものすごくきます。

特に、「ゼクシィ縁結びカウンター」では、自社会員のみならく、コネクトシップ経由での申し込みも有り、

少ない人でも短期間で10人程度、20代の女性で多いと50人程度から申し込みが殺到します。

この時に、「自分でも申し込みが沢山くるんだ!」と捉えてしまうと後半大変な事になってしまいます。

婚活で失敗してしまいがちなのが、ここでの申し込みの大半を断ってしまうと、後半出会いのチャンスが激減し苦しくなります。

プロフィール上、「ちょっと微妙だな」と思っても、練習がてら会うだけでもしてみるべきなのです。

また、このバブルで色々な異性を比較しすぎてしまうと、たちまち理想がグンと跳ね上がってしまうジレンマが有ります。

スペック高い=すぐ決まるとは限らない

では、スペックが高い美男美女はすぐ決まるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。

特に女性で多いのが、様々な人から申し込みが来すぎてしまって、選べなくなってしまうパターン。

世の中完璧な人は居ないのに、モテる人程、ルックスや収入、価値観、身長等の観点で、一つでもかけているとお見送りにしてしまうので、結局ダラダラ続いてしまうのです。

 

そしてさらに怖いのが、若い頃(特に10代・20代前半)にチヤホヤされ続けてきた人。

異性が途切れなかった人にありがちなのが、年齢とともに自分の市場価値が低下しているのを気づかず、若い時の勢いで婚活を続けている結果、やはり結婚できないというパターンです。

これは本当に最悪で、気づいたら2年も婚活続けているのに良い人と出会えない!

でも条件は絶対に妥協をしたくない!こうなると本当にどうする事もできません。

女性は早め(24歳~26歳くらい)に婚活を意識して動くのが、最も高い確率で婚活が進められます。

時間が経てば経つ程、不利になるのです。

 

一方で男性は、しっかりキャリアを積んでおり、ターゲットをしっかり定めて婚活を進めれば、30代中盤まではそれなりにスムーズに進みます。

男女の婚活の進め方はまるで違うのです。




条件悪くても、高望みしなければ書類は通る

意外とあっさり決まってしまうのが、一見条件が悪くて苦戦しそうな20代後半~30代前半の男女。

今まで恋愛を経験した事が無い、といった方に多いです。

彼らは互いに恋愛経験が無いもの同士でお見合し、結婚します。

今まで恋人が居たことが無いので、居るだけありがたいと思えるので、細かい条件は無し。

上手なエージェントが仲介するとあっさり成婚退会していきます。

落としどころつける

婚活は兎にも角にもスピード勝負です。

スピード感が無い人は絶対長期化します。

20代は半年以内。30歳前後は1年以内が目安です。

月当たり2人~4人程度コンタクトできていて、次のステップに進めていないとしたら、求めている異性の理想が高いか、相手が求める条件に足りていないと思われます。

ただ私が思うに、顔と収入は妥協しても、性格だけは妥協しない方が良いかもしれません。

まとめ

学生の頃は年に1~2回告白したりされたりありますが、婚活はその数倍以上を1ヶ月でしてるようなものです。

言うまでもなく、タフさが必要です。

そして、異性は相手の市場価値が高いほど、想像以上にシビアです。




関連リンク

《婚活・恋活》フェードアウトする異性の見分け方を教えます。【2018年9月更新】

《婚活》20代後半男性がFCをするかどうか(書類選考)を決めるポイントをズバリ教えます!【2018年9月更新】

《婚活》相手が結婚難民かどうか見分ける質問と、印象形成のポイントをズバリ教えます!【2018年】

《婚活》20代後半男性が(1次面接)で仮交際するかどうかを決める基準をズバリ教えます!【2018年9月更新】