《結婚相談所》ゼクシィ縁結びカウンターとパートナーエージェントを比較。絞る?両立?【2018年9月更新】




結婚相談所の状況

当初、ゼクシィ縁結びカウンター(以下ゼクシィ)を利用していましたが、コーディネーターがあまりにもコミュニケーションを取ってくれないので、28歳以下は初期費用が格安なパートナーエージェントにも登録しました。

ゼクシィに入会した直後は、俗に言う「入会バブル」のおかげか、 それなりに女性からのコンタクトの申し込みがありました。

入会バブルが終わると、 思うようにコンタクトが成立しないのが現実です。




婚活は長引けば長引く程不利

結婚相談所は、ダラダラと長くやればやる程儲かるビジネスモデルです。

誰からもコンタクト申し込みがなかったり、 1ヶ月のコンタクト申し込み枠20人全員からコンタクトお見送りされると、実際打つ手がありません。

特にゼクシィは後発なため、会員も少なく、新規入会も他者ほど多く有りません。

自分の条件にマッチしてて、生理的に受け入れられる外見でって絞っていくと、申し込みたい人がかなり減りますガーン (~35歳、大卒以上、身長165以上)等の条件で絞って検索すると分かります。




お金はかかるが、どこかの相談所と併用が無難な選択肢

とにかく男性と出会う機会=弾数を増やしたい、と思うなら、お金はかかりますが、相談所を併用すれば若干確率は上がります。

ゼクシィの場合、自分から申し込める場合は20枠、スタンダートは26枠です。

色々やってみた所、私は紹介の6枠がよほど的を得ているものでなければ、一番安いプランでもいいのでは無いかと思います。

なぜなら、追加6件貰っても、1件面接になれば良い方なので、1面接=7,000円の価値があるかどうかしっかり考え無ければなりません。

男性目線で言えば、やる気が無いパーティよりもましかな、とは思っていますが、相談所を併用するのであれば、一番下のプランでも良いと思っています。




2018年10月からパートナーエージェントに入会

もっと、自分の条件にマッチする方と出会いたいってPAに入会。

結婚相談所を掛け持ちの活動をスタートさせました。

使い分けは、

PA・・・コンシェルジュの紹介による内面重視の出会い

ゼクシィ・・・プロフィールや外見の雰囲気などのフィーリング重視の出会い

どちらかの活動が軌道に乗ったら片方は退会すれば良いと思います。

両立だとやっぱりお金がかかりすぎますしね。




コネクトシップの利用料はゼクシィが安い

PAに一発で絞り込めないのは、ゼクシィはコネクトシップの枠が安いのです。

PAでは、コネクトシップでの申し込みは1件あたり2,000円もかかってしまうので、確率は10%ですが、とりあえず申し込むのであれば、ゼクシィの方が安いのです。

PAコネクトシップのの利用料がもう少し安ければ1本に絞ってもいいのだけれど、コスパはゼクシィのがいいんだよな~と思うのが悩みの種です。

月に20人申し込めて1万弱の料金だから、悩みます。

逆に1万弱の料金だから放置する人も多くて迷惑なのです。(笑)