《ホワイトキー》女性目線:ホワイトキーのパーティに参加してきました【2018年9月更新】

スペック

年齢:26歳

容姿:中の下

年収:約320万円

仕事:有形商材の法人営業

休み:土日




経緯

参加したのは年齢制限しか縛りのないパーティーで、女性は参加費1000円

しかも、WEB予約をすると500円引きになるので、500円のみで参加できてしまいます。

安すぎる!

女性も男性も同じく相手を探しているのに、女性は参加費が安いケースが多く、こういう時は本当に女性に生まれて良かったと思います。

会場は新宿で、まあまあ綺麗な会場です。

まずは同じ番号のネームプレートの人と男女ペアで隣りに座ります。

 

プロフィールシートを記入しつつ、周りを観察すると、男性・女性共に20代後半が多い印象。

女性は30歳以上が多そうで、綺麗な人が多かった。

 

・・・残念ながら男性は、あまり私の好みの人はいませんでした。

今回は男性の方が1人多く、開始時刻になると司会者が登場して、本日の流れを説明します。




流れ

全員とプロフィールシートを元に3〜5分程度会話

全員と話した印象を元に、中間印象チェック

フリータイム・カップリングカードを記入

カップリングの結果は、封筒で渡される




トークタイム

まずは全員と回転寿し形式で少しずつ会話。

仕事や趣味の話をすると、あっという間に時間になってしまいます。

急いでメモをしないと、誰と何を話したのか分からなってしまいます。

 

個室の場合、周りの様子は分からないので自分のペースで行けるのですが、今回はオープン形式で、自分と周りの人を比較すると、周りのレベルの高さに泣きたくなってきます。

全員と会話をしたら、中間印象チェックの時間。

ここで、第1希望から印象が良かった人の番号を順に記入して提出します。

私は正直、特に気になった人はいなかったけれど、2人だけ番号を書いて提出してみました。

 

この後は、フリータイムの時間。

フリータイムは、自由に席を移動してよく、気になった人と話せる仕組みです。

トイレに行くのも可能。

特に話したい人がいなかったのでトイレに行って戻ってきたら、中間印象チェックで番号を書いたうちの1人が声をかけてくれました。

最後のフリータイムでは、また別の人が声をかけてくれました。




中間印象チェックがすごい

フリータイムの間に中間印象チェックの結果が個別に配られるのですが、話題の通りこれがすごいのです。

 

・自分が指名した相手とカップルになる確率がわかる

・自分が指名した相手のライバル数がわかる

・自分を指名してくれた人の順位もわかる

 

アナログではなくデジタルで、情報が多く、ここはすごいと思います。

ただし、自分が指名した人から指名されていない、というデータも分かってしまいます。

ただ、この中間印象チェックの結果はすごく大事で、この後のフリータイムの戦略が組み立てられるので、脈が無い人にアプローチすることを避けることができます。

 

自分を指名してくれた話してくれた人は、私自身も指名していたことから、カップルになる確率が高いと判断し、私に声をかけてくれたのかなと思います。

又は、自分を指名してくれた人がどういう人なのか気になるから、声をかけてくれたのかな。

実生活でも、好きになってくれた人を好きになるって、実際よくありますしね。

この中間印象チェックのシステムは、他のパーティーでもアナログではありますが「好意を持っていますよ」と相手に知らせることも出来ますし、フリータイムでも話せる確率が上がるので、良いシステムだと思います。

男性参加者が10名位いれば、よほどのことが無い限りはほとんどの番号が書かれるのですが・・・。

 

フリータイムが終了すると、最後にカップリングシートに第3希望までの番号を記入します。

同時に、気になる人に連絡先を渡したい場合は、3名までカードに記入して渡すことができます。

これは、最後に封筒に入れられて、各自に渡されます。

私はどうしても気になる人がいなかったので、白紙で提出しました。

 

帰りは男性が先に帰り、出口で封筒を渡されるので、カップルになった場合は外で女性が出てくるのを待つのだそうです。

今日は5組カップルになったらしく、外に出たら、女性を待っている男性が数名いました。




感想

中間印象チェックのシステムは他社と比べてもすごい!

気になる人がいれば、是非書くべきだと思います。

ただ一方で、大人数のパーティーでも自分を選んでもらえるって、すごく大変なことだな、とも思いました。