《超高額年収の求人:営業》西新宿のベンチャー企業「サングローブ」はホワイト?ぶっちゃけどうなの?評判まとめ【2018年9月更新】

2018年の夏現在に業界で話題になっているのが、「サングローブ」というHPのベンチャー企業。

なにが話題かというと、掲載されている想定年収の高さです。

 

「20代で年収700万円可能」といううたい文句は、もしかしたら見たことが有りません。

大抵この手の営業会社はマンションを始めとした1撃金額が高いマンションといった不動産を扱うことが有るのですが、

この会社が売っているのは、いわゆる企業・個人事業主向けのホームページを営業しています。

 

単価は予想ですが、50万円から90万円前後ですが、ネットサイトの口コミを見ると、月に10件成約すると60万円〜70万円のインセンティブ込の月給が支払われます。

この手の会社はフルコミッションか、それに近い給与体系になっています。

 

具体的には、月給18万円(交通費込)+インセンティブといった感じで、法人に所属しながらも、ほぼ個人事業主に近い給与形態ですね。

当然結果が出ないとインセンティブが0になるわけですから、もはやペナルティレベルの給与になります。

それでも、最低限の金額はもらえるので、貰えるだけマシですが・・・。

 

受注できれば月収60万円以上の世界、結果が出ないと手取り10万円台前半という、営業職ならではの厳しい世界。

20代前半なら夢が有っていいと思いませんか?

ちなみに、月間売り上げ1,000万円を超すと、月収は100万円を超える会社は結構有ります。

この会社の面白い所は、月の休みが8日あり、ほぼ残業が無いということです。

保険や不動産の営業は、土日出勤を強いられ、月の休みが6日ということもザラなので、

休みが8日取れてこの月収が狙えるのは、利益率の高い無形法人営業の面白さだと思います。

 

特に最近多いのが、HP、写真、ソフトといった無形商材ですね。

こういう無形商材の法人営業が強い方は、転職市場でもかなり有利です。

 

20代営業職の一般的な年収は300万円台が一般的ですが、このようなインセンティブ重視の雇用形態は、売り上げが上昇すると一般平均の倍以上は狙えたりするので、とても面白いです。

もちろんリスクも有りますが、チャレンジする価値はあると思いますので、是非興味が有る方は応募してみて下さい。