《新卒・就活》企業の採用支援・学生の就活支援を行なっている株式会社roots(ルーツ) 評判と実際に行った感想をぶっちゃけ紹介!【2018年9月更新】

近年就職活動市場では、新卒のエージェントが多くなってきました。

新卒の就活というと、リクナビ等のネットサイトに登録して、自分自身で就活を進めていくのが一般的でしたが、

エージェントと呼ばれる企業が間に入り、学生と企業をマッチングさせるビジネスモデルが根付きつつあります。

 

2018年、企業は深刻な採用課題を抱えており、人が足りていないという課題が有ります。

一方で学生も、「就活が上手く行かない」「やりかたがわからない」といった課題を抱えています。

この両者をエージェントが仲介し、意向をヒヤリングするわけですね。

エージェントは企業側からお金をもらい、学生は無料でサービスを受けることが出来ます。

その中でも、最近話題になっているが、東京神保町にある株式会社roots(ルーツ)という新卒紹介メインのベンチャー企業

「就活がうまくいかなかったらとりあえずルーツ」と言われているほど、就活が難航している人の強い味方になってくれます。

本当に就職先(内定)が無い人は利用する価値大です。

ピークシーズンはとにかく狭いオフィス内がガヤガヤうるさく、清潔感も無いですが、企業とのコネでどこかしらの企業にはねじ込んでくれるのがこの会社。

 

若手が多く、キャリアアドバイザーも20代が多いのが特徴です。

関連して、採用に関連するメディアの販売もしておりますが、はやり新卒の人材紹介にも力を入れています。

株式会社rootsはややITよりの求人が多く、利用する学生は日本大学・駒沢大学といった中堅大学や、それ以下のレベルの学生をターゲットにしており、企業側もどちらかというと小規模の企業が多いです。

ITのベンチャー企業へ就職したい!という方は是非一度話だけでも聞きにいってください。

 

とにかく就職活動が苦手な方からすると、駆け込む価値はあるものの、残念ながらキャリアが薄い学生に近い年齢の人があつまってアドバイスしている点も有り、担当者の力量による部分は有るものの、頼りすぎるのはNGです。

何社か併用することを強くお勧めします。

メリット

・自身のキャリア形成を話を聞いてくれるので、就職活動が楽

・自分で闇雲に活動をするよりかは、ミスマッチのリスクは減る

・場所が神保町なので、新宿や池袋、東京から近い

・大学4年生秋になっても就職が決まらない人は駆け込む価値はあり

・企業を選ばなくてもとりあえず就職できれば良いという人は、1〜3ヶ月頑張れば選ばなければ就職は見つかる

・比較的歳が近い人が話を聞いてくれるので、話しやすい

デメリット

・企業との面接回数は3〜4回、またはそれ以上。面接回数が減る訳ではない

・とにかくオフィスが狭く、汚く、椅子もバラバラ、ゴミが落ちている

・一般のエージェントと比べてプライベートが確保されておらず、隣のかなりプライベートな会話がバッチリ聞こえる

・稀に採用面接をやっていることもある

・アドバイスがどちらかというと企業寄りで、意図していない会社に送り込まれる可能性がある

・担当のキャリアアドバイザーに数字のノルマが有り、営業職が強い

・大手の企業求人は殆ど無い。

まとめ

総合的に評価すると、数ある新卒エージェントの中では、あまり高いサービスレベルとは言えません。

ただ、都心部に有り、アクセスは便利です。

ベンチャー系ITにやや強いう企業のため、「上からの指示よりも自分の裁量で色々こなしてみたい!」といった方や、就職活動が難航していて、「とりあえず企業は選ばないけど、どこかしらへは就職してみたい」と行った方は是非利用してみてください。

一方で、大手志向・安定志向の方のrootsの利用は向いているとはいえません。

新卒エージェントは、大手の「ネオキャリア」を始め様々な会社が新卒エージェントサービスを展開しているので、利用する際は2〜3社ほど併用してみることをお勧めします。