《日本大学通信教育部》徹底ガイド 日大通信で教員免許を無事取得!入学の動機、手続き方法や学部は?【2018年9月更新】

こんにちは。

私は、日本大学通信教育部 商学部 商業学科で中学校社会科・高等学校社会科 公民科の教員免許を取得しました。

日大通信の情報は、私が大学在学時から有りそうでなく、現在もで入学を迷われている方、在学中で苦労されている方もいらっしゃると思いますので、記事にまとめていこうと思います。

なお、本記事の情報は2018年7月現在の情報であり、

単位取得方法や、正確な学費、情報が一部変更になっていたり、必ずしも正しくないことがあります。確実な方法を、大学の入学課・教務課に聞いてみてください。

入学のきっかけ

日大通信に入学しようと思ったきっかけは、率直です。

「教員免許が欲しい」この一言に尽きます。

10代からその想いはありましたが、習い事やライフワーク等で、免許状取得のための時間がなく、20代になって仕事が軌道に乗ってから、社会人と並行する形で地道に単位を取得しました。

教育系の通信大学で有名なのは「明星大学」ですが、私自身が実家から通いやすい事や、スクーリング、メディアといった授業方式・単位取得方法が充実しているため、日大への入学を決意しました。

日本大学通信教育部の学科や取れる資格

日大通信には以下の学部・学科があります、

学部・学科

法学部 法律学科

法学部 政治経済学科

文理学部 文学専攻(国文学)

文理学部 文学専攻(英文学)

文理学部 哲学専攻

文理学部 史学専攻

経済学部 経済学科

商学部 商業学科

資格取得コース

教職コース

司書教諭コース

学芸員コース

があります。

教員免許は、中学社会、高校社会(地理・歴史)、中高英語、中高国語、商業が取得可能です。

学部や学科によって、取得できる免許の科目や種類が異なりますので、よく確認してください。

特に高校社会は地歴公民が両方取れる学科と、片方しか取れない学科が有ります。

必要となる科目も若干異なりますので、パンフレット等をよく見ると良いでしょう。

 

手続きやシステムは、思った以上に難しいです。

理解するのに半年かかる人もいますし、私もその一人でした。

ですから、この記事を何度も見返すと共に、手続きや必要書類の種類、締め切りを必ず確認してください。

手順を誤ると、教育実習が出来なかったり、卒業が延期となる可能性があります

締め切りに関しては、大学はシビアで例外を認めてくれません。

また、事務手続きが何らかの事故で正常に進まないケースもありますので、電話等で進行状況を確認すると良いでしょう。

日本大学通信教育部の入学を検討しています。お金はどれくらいかかるの?

日大通信の授業料は、一般的な大学の学費と比較して格安です。

特に大学の授業料は学部にもよりますが1コマあたり3000円から5000円、医学部や音大は1万円以上が当たり前ですが、

通常の大学と同じ講義形式のスクーリングは、15回の授業で基本的に1万円(地方会場や情報科目だと1万3000円程度)で、1回あたりの授業料がわずか1000円以下という破格です。

日大通信には、在籍だけしており(維持費だけ払って授業は殆ど受講しない)幽霊学生が多数在籍しており、その方が納める学費で成り立っています。

 

スクーリング(特に教職系科目)の面倒見はかなり良いので、支払う対価を考えれば、かなりリターンが大きかったのではないかと思っています。

普通に大学を入学するのに入学金や、前期と後期の授業料を合算すると100万円前後かかりますが、日大通信で124単位全て取ったとしても、4年制大学を昼間で取る費用の3分の1以下で収まります。

スクーリングは最低限にして、レポート+科目習得試験をメインで卒業を狙えば、4年間で70~80万円以下で卒業可能です。

既に専門学校を卒業していたり、大学にて取得済みの単位が有れば、費用はさらに収まります。

 

細かい計算を除き、発生する学費は

初年度 入学金等(15万円弱)+授業料(スクーリング1科目あたり 1万円 メディア 2万円)

2年目以降 維持費(10万円弱)+授業料

となります。

 

経済的に余裕が有る方は、一気にスクーリングを取ってしまっても良いですし、

年間辺りに費用がかけられない方は、維持費+スクーリングを何科目か通えば、一括でかかる費用は最低限に収まります。

なにより、全日制大学のように、授業を受けなくても発生する費用が無い点が良いですね。

受ける授業の分だけ支払う感覚です。

 

ただ、専門書を購入する金額がそれなりにかかります。

私は、好きな科目は徹底的に文献を漁ったので、関連する文献はどんどんAmazonで中古品を取り寄せていました。

結果として遠回りな面もありましたが、科目習得試験では、予備師知識を加えて答案を作れたので、良かったと思っています。

単位の取得はどうやってするの?

大通信の科目は基本的に4単位です。(1部2単位)

1 レポート2本(2000字手書き)+科目習得試験

2 レポート2本(2000字手書き)+スクーリング

3 レポート2本(2000字手書き)+メディア授業

4 スクーリング2回(積み重ね)

 

1が一番難しいですが、費用はかかりません

2は1万円と90分×15回+試験1時間かかりますが、基本的に単位は取れます。

3は2万円+10時間程度かかりますが、かなり楽です。

4は2万円+90分×30回+試験2時間かかりますが、基本的に単位は取れます。

 

評価基準は先生によって異なりますが、スクーリングであれば大抵A判定が取れます。

科目習得試験は試験問題によってばらつきがありますが、単位落とすよりCでも取れていれば良いと私は思うので、評価に関してはあまり気にしていません。

評価やGPAを気にする場合は、スクーリングを毎回確実に出席して取得してください。

なお、2単位科目科目は科目によって取得条件が異なるので、割愛します。

入試はあるの?

結論から言いますと、入試は有りません。

「書類選考」と名目上ありますが、書類選考で脱落してしまったのは今の所聞いた事がありません。

よほどの事が無い限り大丈夫であろうと思われます。

書類選考と同時に入学金や授業料(約15万円)を銀行で払い込むので、入学する事が前提だと思われます。

必要書類を集めるのが、少々手間がかかりますが、揃える事ができれば、問題有りません。

2週間程度で入学許可証等が発行されます。

必要となる書類は主に以下の通りです。

 

1 入学志願書

2 学籍簿

3 志望理由書

4 正科生用入学登録カード

5 出願資格の証明書

 

ただし入学するために必要な書類は、入学するコースによって若干異なりますので、HPやパンフレットで確認してください。

入学手続きの具体的な流れ

およそ毎年約2000人が入学している日本大学通信教育部。

他の大学と比較して「入学手続きの書類が少ない(他の学部は健康診断等が必要)」「スクーリングが充実している(学校によっては試験しか選択肢が無い)」という理由で、

日大通信が好まれるようです。

このページでは、日本大学通信教育部の入学手続きから履修登録までを解説しております。

電話で資料を取り寄せる

このページでは、「既に免許を持っている(国語科中高1種)」人が日大通信で新たに科目を追加する為に入学申し込み手続きをします。

なお、高校既卒や編入、科目履修生の場合、申し込み時期が異なる場合がございます。

今回申し込んだのは、文理学部 英文学科・英文学専攻の教職課程です。

電話やお問い合わせフォームで資料を申し込むと、都内ならばおよそ2〜3日程度で入学申し込みのセットが到着します。

入学するために必要な書類は、以下の通りです。

1 入学志願書

2 学籍簿

3 志望理由書

4 正科生用入学登録カード(払い込み用紙)

5 出願資格の証明書

履歴書用の証明写真が何かと必要ですので5枚程持っておきましょう。)

 

 1~4は既に封筒に入っており、ボールペンで記入した上で、必要に応じて証明写真を貼付ければOKです。

5は、卒業した高校や大学で証明書が必要になります。

既に日本大学通信教育部で卒業した場合は、2階で事情を説明し、入学課にまわすように依頼すれば大丈夫です。

5の書類を作成するのだけは少し時間がかかりますね。

5枚の書類がすべてボールペンで記入出来たら、三菱東京UFJ銀行で正科生は約15万円を払い込み、払い込んだ領収証と手続き書類を同梱し、

既にある封筒で速達で発送すれば手続きは完了です。

銀行は窓口振込が原則なので、普通に働いていると、営業時間内に銀行に行くのが結構大変だったりします。

 

まとめると

1 入学志願書・学籍簿・志望理由書を記入

2 銀行で入学登録カードを作成し、お金を払い込む

3 出願資格の証明書を発行してもらう

4 郵送または窓口で提出する

日大通信教育部1階の窓口で提出すると、不備が無いかチェックしてくれるのでおすすめです。

入学手続き完了

入学手続きが完了して7営業日が過ぎた頃、登録したメールアドレスに大量のメールが届きます。

手続きが進んでいる証です。

その翌日に自宅に、1通のレターパックが届き、「入学許可証」「学生証」等の書類が到着しました。

申し込み完了(大学側が書類受領)から許可証の発行までは、一週間程度で終わることがわかりました。

3月中旬から4月上旬の入学シーズンはもう少しかかるかもしれません。

余裕をもって申し込んで下さい。

私は一度大学を卒業しているため、52単位が認められています。

学生調査票は、120円切手を貼り封筒で返送します。

証明写真が必要になります。

ポータルサイトへログイン

ここまでのが出来ると、いよいよマイページにログインします。

日大通信のサイトに行くと、中央に「在学生ログイン」のボタンが有りますので、クリックします。

IDは「学生証番号」パスワードは「生年月日8桁(19XX0506など)」になります。

ログインしたらすぐに変更しましょう。

ログインすると、お知らせ画面に到着します。

各授業や手続きの案内はすべてこちらで見れますので、見落とさないようにしましょう。

この機能は4年前にはまだ無く、すごく便利になりました。

レポートやスクーリングの締め切りが迫ると教えてくれるようになりました。

 

ポータルサイトの使い方はシンプルです。すぐに使いこなせるようになりますよ!

履修登録を行う

次にすぐ行わなければならないのが履修の登録です。

履修登録を行わないとレポートの提出や授業の申し込みが出来ません

学年や学部によって履修出来る科目が異なり、良く計画立てて履修登録して下さい。

年間で登録出来る科目数は決まっており、必要でもない科目をどんどん追加すると、本当に必要な科目が履修登録出来ず、留年扱いになることが有ります。

なれていない人は、履修を組む作業がかなり大変ですので、しっかりカリキュラム表を見て下さい。

 

私は、英語科の教員免許が欲しいので、英語系の科目20単位+教育法4単位を取得します。

この登録方法は必ずしも正しいとは限りませんので、必ずご自身で確認して履修登録をしてください。

履修登録した後にレポートやスクーリング申し込みをしてしまうと、取り下げが出来なくなります。

 

実際に履修を組んでみる(文理学部・英文学科 教職課程の場合)

【実際に登録した科目】

4単位 N30700 英語学概説

5単位 N20300 英米文学概説

2単位 N30900 スピーチコミュニケーション1

2単位 N31000 スピーチコミュニケーションⅡ

【どちらかを選択】

2単位 N31500 英米事情1

2単位 N31600 英米事情Ⅱ

2単位 N31700 異文化間コミュニケーション概論

【どれかを選択】

2単位 T209000 英語科教育法Ⅰ

2単位 T210000 英語科教育法Ⅱ

2単位 T303000 英語科教育法Ⅲ

2単位 T304000 英語科教育法Ⅳ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

4単位 N20100 イギリス文学史1(任意)

2単位 N30500 英作文Ⅱ(任意)

※あくまで上記は登録例です。必ずマニュアルを参考にしてください。

教科書の発注手続き

履修登録が終わり、教科書を発注する手続きを行います。

年間32単位分の教科書が無料で申請できます。

自分と全く関係の無い科目でも問題有りませんが、万が一必要になってしまった場合は実費で購入しなければなりません。

日大通信の教材は結構高いです。

一方で、教科書によっては、300円でAmazon中古で購入することができたりもします。

このようにすると、申請が完了します。

早いと申し込みから3日程度で、遅くても1週間程度で到着しますよ!

よくある質問

卒業・教員免許取得は難しいか?

大学卒業、並びに教員免許取得のハードルは、現役大学生と比べても楽ではないことを事前にお伝えさせて頂きます。

特に仕事と並行して学業を行うのは、並大抵ではできません。

精神面・体力面で相当な覚悟が必要になります。

とにかく自分自身を管理するスキルが求められます。(課題や書類など)

そして、学習意欲の維持を継続する事も難しいです。

それでも、焦らすマイペースな学習でも、時間をやり繰りすれば必ず卒業(免許取得)までたどり着くことができます。

頑張ってください!

年齢層は?

日大の全日制課程は、一般高校からの受験生や付属校からの推薦組が多いため、

必然的に現役生(たまに浪人生)が多いですが、

日大通信に関しては、年齢も、仕事も、様々なな方が多く、とても面白いです。

高校からストレートで入学してきた人は、昼間スクーリングに多く居ますし、

現役社会人の方は夜間や土曜日、連休中のスクーリングに多いです。

中には、50代から60代の方が学びにいらっしゃる方も居ます。

モチベーションは人によって様々ですが、やはり教職系科目の授業や、

教職に必須な科目の受講生はレベルが高く、意識が違います。

学食はあるの?

学食は有りませんが、一部の授業が日本大学法学部や経済学部(それぞれ水道橋)、近畿大学(大阪)で行われることがあり、

そこでは学食が食べられることもあります。

基本的には最寄りのコンビニで調達します。

単位はしっかり取れるの?試験の難易度は?

 

スクーリングで単位を落とす人ケースは以下の通りです。

・出席していない

・板書をメモしていない

・参考文献

レポートは落ちますか?

 

先生によります。本当に採点者次第です。

採点社は、その科目の担当教員あるいは、その教員の弟子(大学院生)が多いです。

下手でもとりあえず合格をくれる先生もいれば、

難癖つけて2回も3回も再提出を求めてくる先生も居ます。(特に歴史系)

科目習得試験について

科目習得試験は、該当科目のレポートを2通提出していれば受験資格を得られます。(受理されていれば、落ちていても受験資格有り)

かなり難しく(出題される場所が細かく、対策に時間がかかる)、運の要素も有ります。

大抵が論述式で、問題数が1~2問しかありません。

(2問有る場合、選択する出題と両方答える場合もあり、後者の場合、片方だけ完答し、もう片方空白でも、C判定くれる先生も居ました。)

過去問題集は、日大通信教育部の市ヶ谷キャンパスの1Fにファイリングされている他、スクーリングの際に余った問題用紙が配布されていたり、水道橋駅近くの「丸沼書店」で過去問が2~3年分販売されていたりもします。

 

丸沼書店は水道橋駅すぐ近く、日大の法学部や経済学部のキャンパスの近くです。

価格は1000円前後なので、ケチらずに全部購入してください。

ヤフオクやメルカリで出品されてるケースもあり。

日大通信で単位を取るには、これら情報収集が重要です。

 

過去問を制すものは、科目習得試験を制す!

 

ただし、数年ごとに先生や教科書が変わり、科目習得試験の傾向が一気に変わることが有るのが、怖いところです。

科目習得試験の採点基準は?

科目習得試験は持ち込み不可が基本です。

中には可能な科目も有りますが、その場合は試験問題が難しいか、採点が厳しいです。

回答の字数は800字程度または、表面をすべて埋める事が基本です。

内容が薄かったり、的外れな事を書くと合格を貰えません。

 

試験範囲は参考書丸々1冊と、かなり広いです。

指定した教科書(200~300ページ)の中から本当に少ししか記述がない文について聞いてくることもあります。

科目にもよりますが、大抵が「○○について述べよ、論じなさい、説明せよ」という問題です。

 

スクーリングの場合は、持ち込み不可の試験も有りますが、大抵持ち込み可能で、問題も事前に教えてくれます。

中には地雷となる先生もいるので、事前にその先生は良い先生なのかをリサーチする必要が有ります。

先生の名前で検索かけると、大抵その先生の評判が出ているので、参考にすると良いでしょう。

レポート採点のポイントは?

レポートは、しっかりかけていれば大抵合格を貰えます。

・課題の条件や形式を満たしているか

・文献やネットを丸写ししていないか

・字数は2000字に近いか

特に上記3点を注意して下さい。

中には、なかなか合格をくれない厳しい先生もいます。

課題条件には何も書いていないのに、後だしじゃんけんのように難癖を付け不合格にしてくる先生もいます。

 

作成に困ったら、友人に頼む事やハッピーキャンパス(通信教育大学のレポートをシェアするサイト)を参考にするのは有りだと思いますが、丸写しして不合格や、厳重注意、悪質な場合は停学などの処分を受けた人も実際に居ますので、しっかり自分なりの言葉でまとめオリジナルのレポートを提出してみてください。

レポートの作成は概ね100分から180分です。

 

レポート手書きでこんな時間コストを払うのは・・・、と私自身も思いましたが、わからないなりに取り合えず提出すれば、仮に不合格でも何かしらアプローチはくれるはずです。

(中には何もコメント無く 課題と合致しないので不合格とする という心ない先生も居ますが、かなり稀なケースです)

レポート通過は、慣れと文章力が必須です。私も文章を書くのはすごく苦手でしたが、いまでは文章を書く事や、答案やレポートの類いはそれなりに苦労無く出来るようになったので、何度も挑戦することが重要です。

教職関連

教員免許を取る前に

この記事を読んでいる方は、おそらく「日大通信+教員・教職」でたどり着いた方が多いと思います。

教員免許を取得するためには単位を取り、実習・体験に3回行き、教員採用試験の勉強もしなければなりません。

単刀直入に、そのために使う金銭的コスト、時間的コストは並大抵ではありません。

また、私自身実習も体験し、小学校・中学校・高等学校の現場もそれなりに経験していますが、

ご存知の通り教職員の労働環境はまだ整備されているとは言い難いです。

実際に、私の周りで教員にはなれたものの、人間関係や現場の労働環境によって

精神的に参ってしまった人も少なからず居ます。

自分は本当に教員に向いているのだろうか?教員採用試験に合格出来るだろうか?

と何度も問い、覚悟が出来た方は、是非とも教職課程の扉を開けて頂きたいと思います。

教員免許取得について

日大通信の最大の特色はやはり教員免許の取得にあるといえます。

日大各学部の学生(通称学部生)はとりあえず教員免許を取ろう、という学生が多く、

授業の出席も適当、挫折する人も多いですが、日大通信は、本気で教員になろうという人が多く、

教職関係科目の専任教員は、かつて中学高校の現場教員の方が多く、

採用試験のポイントや心構えをみっちり教えてくれます。

教職志望者が集まって模擬授業や勉強会をする事も多く、非常に勉強になります。

教員採用試験について

教員採用試験の倍率は、科目や自治体によって異なりますが、

日大通信で取れる科目で比較的取りやすい科目は英語と国語です。

社会は、どこの自治体も倍率高く、かなり大変です。

特に地方は激戦です。

 

一方で、小学校は東京を含め、低倍率な傾向です。

なので、どうしても公務員になりたい、あるいは教員になりたいのであれば、

あえて小学校の免許を取得するという方法が有ります。

教育実習・介護等体験について

教職課程では、3つの実習があります。

ただし高等学校のみの場合、介護等体験は不要ですが、教員になる場合は取れる免許状は全て取っておきましょう。

ガイダンス、手続き、実際の自習はかなり大変だと思います。

 

特に社会人の方は、仕事とどう折り合いをつけるか、実習校はどこにするか。

現役生はともかくとして、社会人が長い方は、母校が無くなってしまった、拒否されてしまった、等で

教育実習を受け入れてくれる場所がどうしても見つからないケースも有ります。(最終的に学校側がフォローしてくれるケースもありますが、1年延期になることも)

教育実習の受け入れ先は、早い段階で目星をつけておくことが良いでしょう。

私は教育実習→社会福祉施設→特別支援学校の順番で体験しました。

人によって順序は異なり、一般的には介護等体験→実習が一般的のようです。

学部の特色

日本大学の通信課程の中では、一番卒業しやすいと言われています。

業界としては、広告・交通・観光・建築・保険、その他サービス全体まで、幅広く学ぶことが出来ます。

特に、マーケティングや広告全般は、かなりビジネス実務で使える知識が多く、

時間的、経済的コストを負担しても、得られるメリットは大きいです。

 

スクーリングの担当先生は全体として面白い人も沢山いらっしゃいますが、

中には「地雷」と呼ばれる癖が強くて不快な方も居ますので、

そのような先生に当たってもお金と時間の無駄ですので、事前のその先生の評判はチェックした方が良いでしょう。

経済系科目は、未経験者にはかなり努力と覚悟がいることは心得て下さい。

 

基本的にどの科目も、レポート+スクーリングの併用をお勧めします。(時間が有る人は、積み重ねもok)

商学部では、中学社会、高校公民、商業が取れますが、商業の免許状は科目習得試験しか取得方法が無く、

学習指導要領をほぼ丸暗記しないと突破出来ません。

商法

難易度:★★

おすすめ度:★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

先生によってやることは異なるものの、会社の仕組みを扱うことが多い。

法律系科目なので、苦手な方はスクーリングを積み重ねるのも良いです。

「商法Ⅱ」とは別科目なので、間違わないようにしてください。

経済原論

難易度:★★★★★

おすすめ度:★

おすすめ単位取得方式;スクーリング積み重ね方式

コメント

商学部・経済学部共にかなりの難易度を誇る科目で、

教職生は必修な科目ということもあり、かなり苦戦する科目。

レポートや科目習得試験ではIS-LM分析が出来ないと通過が困難で、

経済学初心者にとって参考書を読んで会得するのはかなり難しいです。

先生によっては全日出席しても単位が出ないこともあり、

中間スクーリングは教室が2つに分かれるほど、再履修者が多いです。

 

経済学初心者の方は、どちらもスクーリングで取得し、

ミクロ経済・マクロ経済両方の基礎知識を学ぶと良いでしょう。

学校現場では、需要供給曲線という形で高校生に経済学を教えることが有りますが、

IS-LM分析までは行いません。

負担がかかる割には、現場であまり活かせる科目では有りませんでした。

国際経済論

難易度:★★★

おすすめ度:★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用(メディアはあまりお勧めしません)

コメント

レポートは、しっかり文献を読めばまとめられます。

メディアでも開講していますが、関数を使うことで難易度が高く、

経済学経験者ではないとメディアの小テストや試験を突破出来ません。

「メディアなら取れるだろう」と思って申し込むも、関数が出来ずに脱落する方は数多いです。

高校の現場指導でも役に立つ内容が多いので、スクーリングに行かれることをお勧めします。

商学総論

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用・メディア

コメント

商学の基礎となる科目。

教科書は分厚いですが、内容は基本的なものばかり。

科目習得試験でも取れてしまいますが、教養としては面白いものが多いので、ぜひ1度はスクーリングに行かれることをお勧めします。

貿易論

難易度:★★

おすすめ度:★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用・メディア

コメント

教員人生でも実務でも使える科目です。

メディア授業はとてもわかりやすく、しっかりレポートに取り組めば、その課程でかなりの知識が身に付きます。

マーケティング

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

担当の先生によって扱う内容は異なるものの、どの先生も面白い。

科目習得試験では、マーケティング専門用語を問われるため、簡単ではないですが、取れなくもありません。

ただ、せっかくなのでスクーリングに行かれることをお勧めします。

保険総論

難易度:★★

おすすめ度:★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

レポートが不合格で返ってきてしまうことが多い科目です。

授業内容は実務より学術的要素が強いです。

交通論

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

科目習得試験でも取得出来ますが、

最近の交通事情(特に航空系)に詳しくなりたい方はスクーリングに行かれることをお勧めします。

広告論

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

広告の特長や与える影響について学びます。

とても面白いです。

商品学

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

レポートの採点コメントがすごく細かく記入してくれ、

とにかくレポートの良い所を褒めてくれます。

スクーリングも面白いです。

商業政策

難易度:★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

様々な企業のビジネスモデルについて学べます。

社会人を経験してから受講すると、また違った視点がみえて来ます。

国際金融論

難易度:★★

おすすめ度:★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

教職必須科目で、現場でも使える知識が学べます。

レポートは、しっかり文献をおさえれば突破出来ますが、

担当の先生がかなり癖が強い人が居ます。

スクーリング担当の先生の名前は必ずチェックして下さい。

観光事業論

難易度:★★

おすすめ度:★★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用

コメント

観光や宿泊業界に興味がある人はぜひとも受講しておきたい。

科目習得試験は、難易度は決して低くないが、複数回数受験しても良いというスタンスであれば突破出来なくはない。

経済地理

難易度:★★

おすすめ度:★★★★

おすすめ単位取得方式;レポート+スクーリング併用・科目習得試験

コメント

担当の先生が色々な意味で不思議な先生でした。

科目の通りやや地理的要素を含んだ経済学で、地理が好きな人には面白い科目です。

難しい科目

経済原論

主にミクロ経済とマクロ経済を扱う分野ですが、この科目のレポートの課題内容を理解するのにかなりの時間を要します。(学生時代に経済学部出身の方は簡単なようですが)

国家公務員試験でも出題される範囲なので、かなり重要な科目では有ります。

どうしても苦手な人は、経済系の科目を避ける学科を選んでください。

(社会科の免許を取得する人は絶対に逃げられませんが。。。)

スクーリング積み重ねが大変ですがほぼ確実に単位を取得できます。

「入門・ミクロ経済学」「入門・マクロ経済学」

「試験攻略入門塾 速習!ミクロ経済学 石川秀樹著 中央経済社」

あたりがおすすめする文献です。

外国史(外国史概説)

レポートの採点がとにかく厳しく、何とスクーリングが一切有りません。

科目習得試験の範囲も半端無く広く、苦労した科目です。